地元、湘南中心に綴っているブログです

小学生のランドセルが重い!文科省が「置き勉」を通知することに!

やっと夏休みが終わり、給食も始まるのでお弁当作らなくてほっとしてるりおです。

 

 

でも夏休み持ち帰ってきた朝顔をまた学校に戻してという作業をしたりなかなか初日からバタついてます´д` ;あさがお、結構重いですよね…家が遠かったり小さい子いるママは大変じゃないかなと思います。

 

 

ママも大変ですけど、子どもも大変。

 

 

新学期始まってからしばらくは持ち帰っていた荷物をまた学校に持っていかなくてはいけません。

 

 

今年から娘が小学校に通うようになってずっと思ってたんですけど、小学生のランドセルって重くないですか?

 

 

 

わたしが小学校の時はこんなに重くなかった気がするんですよね。多分、ギリギリゆとり世代だからというのもありますが。そして驚いたのが使わない教科書も毎日持ち帰っていること。

 

 

 

昔に比べて絵具セットなども充実しているしかわいいんですけど、その分重く感じます。夏場は熱中症対策に水筒を持つので更に重い。。。1年生は身体も小さいし不安でした。多分小学生がいる親御さんは皆そう感じていたと思います。

 

 

全国から「ランドセルが重すぎる」という声が多く寄せられたので今回文部科学省から「置き勉」を認めるよう全国の学校に求める方針になったようです。

 

 

昔に比べてランドセルが重くなっているのは本当だった!

出典:教科書協会

 

 

 

こちらの表をみて分かるように、10年以上前と比べて重くなっているのが分かりますね。そもそも何でこんなに重くなってくるのでしょうか?

 

 

教科書のサイズが変わった

教科書も最近はA4がほとんどなんですよね。大判化がすすんでいます。

 

昔はB5サイズだったみたいです。

 

 

質や量も増えている

「脱ゆとり」から教科書の質や量も増えていて厚みも出てきています。

 

 

見やすくするためのカラーページが更に重くしている

そうなんです、子どもの教科書すっごくカラーページ多くて見やすいなあって思ったんですけどこれが重さの原因でもあったんですね。。。

 

 

 

 

 

なぜ毎日教科書を持って帰るの?

そもそもなぜ毎日持って帰るのか?これにもいくつか理由があるみたいです。

 

家庭学習をするため

お家でも勉強を見てあげるために毎日持ち帰らせるという理由があるみたいですが、家庭学習しなくてもよさそうな「せいかつ」や「図工」の教科書はいらないんじゃないかと思うんですよね。

 

音読など宿題がでているものだけで十分ですよね。

 

 

いじめ対策?

こちらはちょっと深刻ですが、教科書を持ち帰る事によって教科書がいたずらされたり、なくなったりすることを防ぐという理由もあるようです。

 

 

 

 

ランドセルって重い!6㎏くらいになることも

ランドセル大手メーカーのセイバンがインターネット調査した結果が載っています。

 

小学1年生で平均3.7㎏、6年生では5.4㎏と学年が上がるごとにランドセルの重量も重くなっています。体重の1割以上の重さがあるんです。

 

 

加えて先ほども言ったように夏場は水筒、水泳道具もありこの酷暑のなか持っていくのは大変そうです。

 

月曜日は更に上履き体操服を持って行くので子どもも「重い。。。」と言っています。

 

手提げカバンを持たなくてよくなる商品もあります!

ランドセルって教科書入れるとパンパンですよね。

そこで便利な商品が出ているんです。

荷物が入るランドセルカバーになります!手提げ持つのが大変なお子さんはこういうタイプがいいと思います。

 

 

ランドセルが重いことが原因で肩こりや腰痛になり整体に通っている小学生も増えているようです。ランドセルメーカー側も負担がないようなランドセルを研究してくださっていますが、年々教科書も重くなっていく中で難しいことになっていると思います。

 

 

そもそも「置き勉」が認められれば解決できますよね。

 

 

今回文科省が動いたことで「置き勉」が早く認められ実施されるようになればなあと、いち小学生をもつ親として切に願います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です