【夏休み学童キャンプ】カバンはリュックと斜め掛けボストンバッグどっちが良い?

こんにちは。夏休みにはいりますねー。働いているので子どもは終日学童で過ごすようになります。お弁当作りも入るので長期休暇の中では夏休みが一番大変かと思います。

 

さて夏休みに入ると学童ではいろいろなイベントを開催してくれますが、その中でも子供たちが楽しみにしてるキャンプが実施されます。一泊ですが初めてのキャンプに参加したときは大丈夫かな?と心配でしたが今年はもう慣れたものです。

 

そして親は持ち物の準備が大変ですよね。特に初めてのお泊りキャンプの場合悩んだのは着替えなどを入れるカバンでしたね。リュックタイプか横かけボストンタイプかかなり悩みました。

 

今回はおすすめのカバンについてちょっとまとめてみようと思います。

 

 

 

目次

【一泊二日学童キャンプ】バッグの容量・大きさは最低限どれくらい必要?

まず悩むのはバックの大きさですよね。

 

これは正直持ち物にもよるんですけど1泊の場合でちょっと説明させてもらいます。

 

【カバンに入れた持ち物】

  • 長袖1枚・長ズボン1枚
  • 寝るときの服(半袖・半ズボン)
  • バスタオル1枚
  • 着替え(下着・半袖・ズボン・靴下)各2セット
  • 洗面道具(歯ブラシ・フェイスタオル2枚)
  • 雨具 (折り畳み傘・レインコート)
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 虫刺されの薬

 

 

 

リュックサックのおすすめ

 

我が家の場合はこのサイズのリュックサックを使用しました。1泊くらいならこのサイズで十分です。

学童 キャンプリュック

 

 

アウトドアプロダクツにも似たようなサイズのリュックサックが出ています。

 

ちょっと大きいくらいのサイズを購入しておくと1泊の旅行にも使えるし、長期休暇時の学童の通学カバンとしても使えるので便利なんですよね。

 

リュックのメリットは何といっても肩が痛くなりにくいこと。ランドセルを普段背負っているのでリュックタイプのほうが慣れていることですね。

 

デメリットはリュックの中の物を取るときが面倒なこと。いちいち肩からおろさなきゃですからね。後はリュックの一番下のものが取りにくいこと。

 

斜め掛けカバンのおすすめ

 

お泊りの時には斜め掛けカバンに入れてくる子もいます。

 

1泊の時はそんなに大きいのは必要ないです。横幅が55センチ~だと小学校低学年には大きいかなと思います。

 

下のアウトドアプロダクツの横かけは横幅45センチでちょっとした旅行には丁度良いサイズでおすすめです。

 

 

アディダスのボストンも使いやすそうです。

斜め掛けボストンバッグのメリットは荷物が出しやすいところです。リュックタイプのように肩から降ろす必要がなく取り出しやすいのがメリットです。更にボストンタイプの性質上荷物が見やすいのもいいですね。
デメリットは片方の肩に負担がかかりやすくなるので長時間の移動には向かないところです。

【学童キャンプ】実際はリュックとボストンタイプどっちが多い?

地域にもよりますがダントツでリュックタイプが多いですね~。

 

1泊くらいだとちょっと大きめのリュックを購入して普段使いにも使っている子がほとんどでした。どちらでもいいと思いますが、長距離バッグを持っていかなくてはいけない状況ならリュックがいいのかなと思います。

 

あとは子供の好みにもよりますね(*_*;

 

参考になれば幸いです^^長期休暇は給食がないので毎日お弁当作るのもなかなか大変ですが、なんとか乗り切って頑張っていきたいと思います!!

*楽天ROOM始めました*

保育園着、小学校学用品を中心に購入して良かったもの、おすすめの商品を紹介しています♪

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

夫と保育園・小学生の子どもと暮らすワーキングマザー。
生後10ヶ月の時に保育園入園&復帰。

保活、小学校生活、地域の情報を中心として発信しています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる